ブログ

ライズ久米川治療室

豆知識
2018/08/11

腸 チョウ大事!!(その1)

お世話になっております。

ライズ久米川治療室の久松です。

お盆休みの方も多いと思いますが、お休みを満喫してくださいね!!

当院は、お盆も通常営業しております!! 


さて、当院の人気メニュー「腸もみ」がなぜ必要かをお話していきたいと思います

西洋医学では、胃も腸も消化管に属しています。

消化管とは口から食道、胃腸を通って肛門に至るまでの1本の道筋のこと。

消化管は蠕動運動により食べ物を送りながら消化し、栄養素として、体に吸収します。

胃は主に食べ物を殺菌し、消化・吸収しやすい形に整えるのが仕事です。

続く小腸では酵素の働きにより食べ物を消化し、栄養分を吸収します。

大腸は水分を吸収し便として排泄します。

東洋医学では、胃腸の働きが悪くなったり、腸内環境が悪化したりすると、全身に必要なエネルギー(気)を補うことができなくなります。

全身にエネルギー(気)が満たされていない状態では、疲れやすい、むくみや冷え、頭痛、肩こりなどの「不定愁訴」を招いてしまいます。

また、代謝も悪くなり、肌のトラブルや肥満にもつながります。

一覧へ戻る

あなたへのオススメ記事