ブログ

ライズ久米川治療室

豆知識
2018/09/09

腸 チョウ大事!!(その2)

★腸の知られざる活躍

小腸には体内の免疫細胞の60%以上が存在し、人体最大の免疫器官とされています。

腸は免疫の要!

腸の健康を保つことは、病気や老化の予防につながります。

最近の研究では、小腸だけでなく大腸にも免疫機能があり、さらに大腸にすむ腸内細菌が免疫力と大きく関係していることが分かっています。

腸内細菌は小腸にもいますが、大半は大腸にいます。

腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」、そしてそのどちらか多いほうに加勢する「日和見菌」の3種類に分けられます。

免疫力アップには、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす食生活を心がけることが重要です。

人間の腸内にいる腸内細菌はおよそ1000種類、100兆個以上とも言われています。

身体を守るように腸はしっかり訓練されているはずの免疫細胞が「暴走」し、本来攻撃する必要のないものまで攻撃してしまう。

それがアレルギーや自己免疫疾患というものなんです。

腸を整えることはとっても大切ですね。

一覧へ戻る

あなたへのオススメ記事